個人の精子バンクを利用してみませんか

人生のイベントで重要な結婚。そして二人の愛の結晶として生まれてくる子ども。しかし、男性不妊が原因で子どもに恵まれず離婚に至るケースもあるといいます。人生を共に歩むパートナーを不妊という理由で変えるということはとても辛いことです。あえて子どもを作らない夫婦も増えてきた時代、二人の時間を大切にする人生もあります。しかし、女性に生まれたからには一度は子どもを産んでみたいという女性が多いのではないでしょうか。

養子を受け入れる

日本ではあまり一般的ではありませんが、海外では恵まれない家庭で育った養子を受け入れる夫婦が多くいます。アップルの創設者スティーブジョブスさんもその一人です。養子は誰でも簡単に受け入れることはできなく事前に受け入れるご夫婦の審査があります。不妊で長年の治療をしていた女性が治療をあきらめ養子を迎えたとき、あの長年の辛かった治療はなんだったのだろうか、もっと早くに養子を迎えればよかったと言います。二人目、三人目と続いて養子を迎える家庭もあるといいます。

第三者より精子を提供してもらう

人生のパートナーが男性不妊でも妊娠する方法が、第三者より精子を提供してもらい妊娠する方法です。日本では、まだまだ家族のつながりが強いため一般的ではありませんが個人主義の海外では精子バンクが発達し男性不妊の夫婦でも第三者の精子を用いて妊娠する方法が普及しています。またアメリカでは女性の社会進出が進んでいて未婚のシングルマザーさんになる人が多くいます。しかし、男性不妊の男性からしてみれば妻の体に、他人の精子が入ることに抵抗を持つ男性も多いと言います。女性には元気な子供が産める年齢が限られているため40代になり子どもを産むには手遅れとなるケースもあります。理解を得ることは難しいかもしれません。早めの決断が求められます。

日本では精子バンクが発達していない

現在、日本で精子バンクと呼べるものはありません。また病院では非配偶者間人工授精(AID)を行っている病院もありますが数がとても少ないです。非配偶者間人工授精は希望者すべてが受けられるものではなく、病院が許可したケースのみとなります。また病院での精子提供だと提供者との時間の関係や感染症を防ぐため凍結精子を使用することになるため妊娠率もあまりよくありません。最近では、精子提供で生まれた子どもが自分の遺伝的な父親を知る権利が主張されはじめ、情報公開をできる精子提供者を確保できないという理由で非配偶者間人工授精(AID)を中止する病院もあります。そのため個人からの精子提供をしてもらうことをおすすめします。

日本で個人から精子を提供してもらう

日本では海外のように精子バンクが発達していないため、個人が無償で精子を提供しています。無償で活動していることが多いです。また感染症や精子の品質などがきになるかもしれません。ほとんどの人が感染症検査や精液検査を医療機関で受けているため安心して精子を提供してもらえます。精子提供者さんの中には実際の検査結果を見せてくれる方もいます。ネットで男性との出会いは不安かもしれません。レビューなどを参考にしてはいかがでしょうか。

個人の精子提供をおすすめする理由とは。

精子提供で生まれた子どもの苦しみとは。

精子提供を受けるときの注意点とは。