精子提供で生まれた子どもの苦しみ

wikpediaより:精子提供とは?

非配偶者間人工授精や精子提供で生まれた子どもが大人になり精子提供者に会いたいのに会えなくて苦しんでいます。というのも現在精子提供で生まれた子どもが大人であるということは精子提供が行われたのが今から20年以前、そのほとんどが病院経由での非配偶者間人工授精です。親戚から提供してもらった場合を除き病院経由であると精子提供者の情報は血液型以外一切公開されず精子提供者・生物学的な父親に関する情報を得ることはできません。精子提供で生まれた子どもは一生このことを悔やむと言います。精子提供で生まれた子どもは一度でいいからどんな人か会ってみたいと言います。

海外では精子提供者について知ることができる

海外では法の整備が進み精子バンクはとても発達しています。そのため精子提供者についての情報を知ることができるようになっています。なぜ精子提供者についてよく知ることができるのかというと、男性不妊が原因で精子バンクを必要とする場合は男性不妊の旦那さんに似ていることが求められるからです。海外では精子提供者の血液型だけでなく、人種、髪の色、瞳の色、身長や肌の色など詳細に情報が公開され選ぶことができます。また、精子提供者の幼少期の写真も公開されると言います。よく精子提供で生まれた子どもが男性不妊の旦那さんに似ていないということを防ぐことができます。男性不妊の旦那さんにとっても自分に似ているということは育てやすさや愛情につながると言います。今後日本でも精子バンクが発達することになるでことを望みます。

個人から精子提供をおすすめする理由とは。

精子提供を受けるときの注意点とは。