精子提供を受けるときの注意点とは

日本では精子バンクが発達していないため数多く一般の精子提供者さんが活躍しています。同性婚者や性同一性障害夫婦、非婚女性などの需要が増えています。精子提供方法の多くがシリンジ法(針のない注射器)ではないでしょうか。しかし、その渡された精子は提供者のものであるとは限りません。まったく別人のもかもしれないという不安の声を聞きます。

ここ数年でインターネットの利用者、利用数がとても増えました。また、一昔前にはネットはパソコンによる利用がほとんどでしたが現在はスマートフォンによる利用者がほとんどです。スマホの特徴としてパソコンのように屋内だけでなく気軽にポケットに入れ持ち運べるところです。そのためスマホを利用して様々な人と人とが出合える機会が増えてきました。

その様な出会いの機会が増えてネットを介した犯罪などが増えてきました。気軽に人と出会えることは、自分の視野を広げ、交友関係を広げられとてもすばらしいことです。しかし、一般社会とネットでの出会いは異なるものです。インターネットでは相手の素性などがまったくわかりません。相手がどんな人間かもわかりません。精子提供者も同じでどんな人間なのかわからないものです。精子提供を受けて子どもが生まれた場合は精子提供で生まれた子どもが提供者に会いたいという場合を考慮して10~20年続くような信頼関係が求められます。なにより精子提供者との信頼関係が大切なのではないでしょうか。 参考:男性不妊のご夫婦に精子を提供しています。

個人から精子提供をおすすめする理由とは。

精子提供で生まれた子どもの苦しみとは。