個人から精子提供してもらうことをおすすめする理由とは

生まれた子どもが将来、精子提供者に会える

日本の病院で精子を提供してもらうと精子提供者に関する情報公開をしていないため生まれた子どもが将来大人になっても精子提供者に会うことができません。そのため日本で個人から精子を提供してもらうことをおすすめします。個人から精子提供を受けることを不安を感じている方もいるかもしれません。しかし、個人から精子を提供してもらうメリットとして精子提供で生まれた子どもが大人になり精子提供者に会うことができます。精子提供者さんの多くが生まれた子どもへの情報公開や会うことに肯定的です。

精子提供で生まれた子どもの苦しみとは?

無償で活動している人が多い

日本の精子提供者さんのほとんどが無償で活動しています。実際に精子提供している人の声を聴くと1度や2度の提供で妊娠することは少なく時には半年、1年かかることもあると言います。とても労力がかり大変なようです。病院での非配偶者間人工授精(AID)よりも金銭面で負担が少なくてすみます。

無償で精子を提供する活動をしています。